小学生の子供のための学習法と習い事のまとめ

通信型教育を利用する子どもには、100%活用する事が出来ていないパターンがあり得ます。塾ではないので学習する時間を自分の都合で決められる点が長所である一方、計画だてて出来ないというジレンマをよく聞きます。小学高学年及び下学年においては、指導法に一目瞭然な相違が生じてきます。低学年においては基礎学力を養成する事が非常に大切です。ところが高学年になると受験対策、あるいは中学進学の用意のシーズンとなりますし、出来るだけクラスメートを引き離す指導法を用意するのが理想なのです。学習塾に行くにしても、自宅における保護者の目線は不可欠です。単元がどこまで理解できたか、どこまで進んだか等の内容を出来る限りシェアしておいて、程よく叱咤や助言の声を掛けてあげると良いでしょう。その際、精神的な悩みが溜まっていないかの心配も怠らずやって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です